ホーム>スタッフブログ
  • ホーム
  • 原因と改善
  • 施術の流れ
  • お客様の声
  • 当院について
  • ブログ

スタッフブログ

骨のゆがみと自律神経の乱れ

 以前の記事では骨盤のゆがみが骨格のゆがみをひきおこし、ゆがんだ骨格が神経を圧迫、筋肉の緊張や血行不良をおこすことを解説しました。
 この記事では、ゆがんだ骨格に圧迫された神経が、自律神経や内臓にも影響してくるしくみを解説していきます。
 前回の記事はこちら↓
 
 

体のゆがみは本当に神経に悪影響なの?

 脳からのびた神経は、背骨の中を通って両脇の穴からそれぞれ決まった筋肉や臓器に脳の命令を伝えています。これがゆがみに圧迫されることによって、筋肉であれば緊張がおこったり、血行が悪くなったりするんでしたね。
 体のゆがみが神経を圧迫することは、肩こりや腰痛以外にも、高血圧や内臓不調などの慢性病の約8割の原因になっているとも言われています。
 しかし一方で、「ゆがみは体にそんなに悪影響はない」と言う人もいます。どうして正反対の説があるのでしょう?
 それは、骨格がゆがんでから体に症状があらわれてくるまでには、たくさんの時間がかかるからです
 

骨格のゆがみは長時間にわたる!

2017616175036.png2017616175122.png
 人間の体は、背骨のS字カーブをはじめとした基本のかたちはありますが、もちろん毎日さまざまな動きをします。ここでも骨格はゆがんでいることになりますが、これが正常な関節の動きだった場合、数秒~数分で別の動きになったり、もとの正しい状態に戻ってきたりします。
 しかし、偏った動きが骨格のゆがみとして蓄積されてくると、知らないうちに「もとに戻りきらないまま」数時間を過ごしてしまうことがあります。
 座ったり、立ったりする動きのことを考えてみましょう。
 座る動きは人間にとって異常のない動きです。短時間ならそんなに体に影響はありません。しかし、長い時間座りっぱなしでいたとき、腰をのばすのに時間がかかった経験はありませんか? そうやって「もとに戻りきらない」が積み重なっていくと、何をしているときも少しだけゆがんだ状態が続き、寝ているときも続き……。もしずっと戻りきらないならば、その時間はわずか一週間でも168時間にもおよびます!
 ごく正常な動きの範囲で、すぐには影響のないようなわずかな圧迫でも、何百、何千、何万時間も流れが悪くなっていたら、慢性症状になっていってしまうというわけなのです。
 

骨格のゆがみと自律神経

 何千、何万時間とゆがみに微妙に圧迫されている、背骨から出ている神経ですが、これ、筋肉を動かしたり、痛いかゆいを感じたりする、私たちが意識できる部分と、意識できない部分に分かれているのは知っていますか?
 この、意識できない、自分の意思で動きをコントロールできない神経のことを、自律神経といいます。「自律」とは「勝手に動いている」という意味です。心臓や胃腸、血圧の調整などを、腕の動きのように動きを止めたり自由自在にすることはできませんよね。
 自律神経失調症、という言葉もよく聞きますが、それはこの「勝手に動いている神経」の調整がうまくいっていないので、内臓が動きすぎたり、動きが悪かったりしています……という意味です。
 自分の意思でなんとかなるところではないので、神経の圧迫が続くことで、自律神経はいろいろなエラーをおこしてしまいます。
 「歳のせいかな?」「更年期障害では?」と思っているよくわからない症状も、長い時間圧迫された神経がへんな動きをしはじめているのかも……。
 

交感神経・副交感神経とリラックス

 自律神経の調整は、主に「交感神経」と「副交感神経」の割合でできています。交感神経は興奮とパワー、副交感神経は消化とリラックスのはたらきをします。アクセルとブレーキのようなものだと思ってください。
 今は集中して仕事をする!という気持ちになると、じゃあ交感神経7:副交感神経3、というふうに、体が勝手に状況を判断して調整してくれるのです。では、神経が圧迫されて調整がうまくいかなくなっていたらどうなるでしょう?
 例えば、眠らなければいけないのに副交感神経が優位にならず眠れなかったり、眠りが浅かったり、途中で起きてしまったり。ずっと体の力が抜けず、疲れがとれなかったり。食べても消化スイッチがうまく入らないので胃もたれや便秘をおこしたり。
 逆に、がんばらなければいけないときに交感神経がすぐオンになってくれなくて、体に力が入らなかったり、すっきり起きることができなかったり……。
 このような、「なんだか体がいうことを聞いてくれなくなった気がする」というのは、自律神経が元気になってくれれば、ずっとラクになる問題です!
 自律神経を乱す原因のひとつとして、普段の仕事や人間関係などのストレスがよく挙げられますが、ストレスをなくすことはなかなかむずかしいもの。
 でも、神経の根っこをおさえつけてしまっている体のゆがみは、矯正や自分の努力で解放してあげることができます。まず体から楽になってくれば、心のストレスもずいぶんと軽くなり、ますます体が楽になりますよ。
 
 まずはゆがみのクセがあるかどうかチェックを!
 背骨のゆがみがあれば、それをとれれば今より自律神経は楽になってくれるということですからね!
 
 
 上越市の骨格のゆがみチェック、
 矯正と維持カウンセリングの申し込みはこちら
 
 
 
 次の記事では、女性の骨盤と妊娠、産前産後の骨盤ケアについて解説していきます。

骨盤と骨格のゆがみが痛みにつながる理由

 ●骨格がゆがむと何が起こる?

 骨盤のゆがみから、体全体のゆがみが引き起こされることは以前の記事で学びました。
 この記事では、骨盤と骨格のゆがみが「コリ」や「痛み」になっていくしくみを解説します。前回の記事はこちら↓
 
 
 「骨組み」全体のことを骨格といいます。
 「骨」自体は、折れたり、変形したり、つぶれたりしない限りは、かたちがゆがむことはありません。
 しかし、骨と骨をつないでいる関節部分は、伸びたり曲がったりと動くことができるので、曲がったままのクセがついてしまうと、「骨の組み立て」がゆがんでいる状態になってしまいます。
  2017428121223.pngのサムネイル画像
 関節が通常状態ではない状態のまま止まっている「ずれている」状態です。これだけでは、そうそう「痛い!」とはなりませんから、一見無害ですし、ゆがんでいてもまだ全く自覚症状のない人も多いです。
 しかし、例えば首の、傾いて縮んでいるほうの右側を見てください。
 脳から出た神経は、背骨の中から、両側の穴を通って全身に行き渡っています。
 膝や、肩でも同じように、神経は骨に守られて骨の近くを通っています。
 つまり、骨格がゆがむと、神経の通る道が少し狭くなるのです。これを「神経圧迫」といいます。
 神経圧迫がおこると、すぐには症状につながりませんが、少しずつその神経の行き先でコリ神経痛しびれ自律神経の異常による内臓機能の低下、骨盤ならホルモンバランスの崩れ冷え、首なら頭痛眼精疲労……etc. さまざまな症状につながってしまいます。
 
 これが、骨盤や全身の骨格を整えておかなければいけない理由です。
 

 ●骨のゆがみが神経を圧迫してしまうと

 神経圧迫といっても、神経を直接見ることはないですし、感じられる部分も少ないですね。
 神経圧迫の身近な例は、エコノミークラス症候群などの長時間の座位や、正座です。
  201751911301.png
 エコノミークラス症候群とは、体を折り曲げた状態で長時間過ごすことによって血行不良がおこり、血栓がつくられ、その影響でさまざまな体の問題がおこるものです。
 座ったままでいると、脚の方に重力で血がたまりやすく膝裏などに血のかたまりができやすいだけではなく、曲がったままの骨格に神経が圧迫されています。神経が圧迫されると、その神経の行き先の筋肉が緊張し、さらに血行が悪くなります。
 ぎゅっと手を握りしめた腕と、だらーんと力を抜いた腕は、どちらがよく血が流れているでしょうか? 力が抜けている方ですよね。
 
 骨格のゆがみ⇒神経圧迫⇒筋肉の緊張⇒血行不良
 
 という流れでゆがみの悪影響は進んでいきます。
 座りっぱなしでいるとき以外にも、筋肉の緊張がもとで血行不良がおこって血が運ばれにくくなると、筋肉は酸素が足りなくなり、酸欠状態になります。ここまでくるとコリや痛みとして感じるようになってくるのです。
 正座をすると、さらに体重のかかり方の偏りが出てくるので、長時間血が流れにくかった脚部分がしびれ、感覚がなくなってきます。
  2017519113433.png
 
 骨格のゆがみ⇒神経圧迫⇒筋肉の緊張⇒血行不良⇒コリ⇒しびれ⇒マヒ
 
 まで行ってしまうこともあるのですね。
 

 ●神経圧迫の影響は内臓にも

 この記事では、筋肉の緊張や手足の血行について解説しました。
 しかし、神経の命令で動いているのは筋肉だけではありません。心臓や肺、胃腸、子宮や卵巣などの内臓も、神経圧迫によって影響を受けます。
 次の記事では骨格のゆがみが内臓機能に響くしくみを解説していきます。
 
 上越市の骨格のゆがみチェック、
 矯正と維持カウンセリングの申し込みはこちら

骨盤と産後のケア 目次

 
201742812855.jpg
 
 「骨盤がゆがむ」「骨盤ケア」と耳にしますが、そもそもどうして骨盤を整えないといけないのでしょう?
 この記事は「骨盤がゆがむとなぜ体に悪影響が出るのか」について解説する記事への目次です。
 

 ●骨盤がゆがむとどんな問題がある?

 骨盤は、下半身への体重のかけ方、上半身のバランスの「要」となる部分です。
 家だと土台にあたります。
 背骨は家の大きな柱で、ほかの骨も柱や梁、肩は屋根で、首は屋根の上のシャチホコ……そんなふうに積み上がっています。例えば肩に問題があるならば、屋根が傾いているような状況です。
 では、土台が傾いていたらどうなるでしょう?
  2017428121223.png
 土台が傾いたり、大きく揺れたりすると、建物であれば全部が傾いたり、崩れてしまったりします。人間の体もそうです。
 しかし、人間の場合頭に平衡感覚があって、頭の位置を体の真上にもっていこうとするはたらきがあるので、土台の傾きをカバーするために、図のように柱である背骨がずれていってしまうのです。
 このように、骨盤のゆがみは体全体のゆがみにつながるため、骨盤を整えることは体を整えるうえで一番大事にしなければいけません。
 また、妊娠中や産後には赤ちゃんのために骨盤に大きな変化が起こり、そのせいで体のバランスがとれなくなってしまったり、産後に体型が戻らなくなったり、骨盤がゆがんだことからさまざまな症状が出てきたりします。
 骨盤がゆがみ、背骨がゆがんでしまうと、具体的にはどんな影響が出て、どんなふうに整えていけるのでしょう? 以下の記事では骨盤のゆがみの影響と整え方、維持のし方について解説していきます。
 
 上越市の骨格のゆがみチェック、
 矯正と維持カウンセリングの申し込みはこちら(お電話問合せ)
 

●骨盤と産後ケア 目次(準備中)

 2.骨のゆがみと自律神経の乱れ
 3.妊娠中、産前産後の骨盤のゆがみとケア
 4.骨盤のケアと維持に必要なこと
 

カイロプラクティックの先生 旅に出る

20163252046.jpeg

2016325211213.jpeg
3月の8日〜11日にカイロプラクティックの先生達30名程で香港・マカオに行ってきました〜
香港のブルースリー銅像の前で仲良くなった、こよなくブルースリーを愛してやまない成年がヌンチャクを振り回していたのが超カッコ良かったです!

飲茶情報!
日本人の口にもぴったりな味付けでバッチリ美味しかったですよ^ ^

マカオ バンジージャンプ情報!
商用のバンジージャンプではギネスブックにのってる220Mを直下する超楽しいアトラクションでした!
是非旅の思い出にお試しあれ(^-^)/

冷え症・血行不良の原因は?

 むろはしです。めっきり冷え込んできましたね!

20151023113637.jpg

 

冷え症は体質なのか?

 冷え症の方から、よく「冷える体質で……」「うちは冷え症の家系なんです……」とお聞きします。

 冷えるのは体質なんでしょうか? 体質ってどんなものなんでしょう。そして体質だとしたら、改善できるものなんでしょうか?

 

「冷え体質」の正体は?

 まず、冷えているとか冷えていないって、何の温度が低いんでしょうか?

 それは、です。

 心臓から送られる血が人の体をあたためています。

 でも、人間の心臓の近くの体温は35~37度と、そこまで大きく違うわけではないのに、手先や脚がこんなに冷えるのはなぜでしょう……。

 

血流の滞りが冷えをつくる

 心臓から送られてくる血を、内臓や手足に運んでいくのを、「お料理」だと考えてみましょう。

 ホカホカのお料理が出てくるとき。近くの席に早く届ければホカホカのままですが、遠くの席ならどうでしょう?

 さらに、その席に行くまでの道がすごく混み合っていて、通るのにすごく時間がかかっていたら?

 もちろん、冷めてしまいますよね。

 「血行不良」による冷えは、冷えているところまでに血が通りにくいところがあるということなのです。

 

冷えは内蔵機能低下や肌荒れをまねく

 そう考えると、お料理が届きにくければ、冷えてつらいだけではなく、体の各部位にとっては「栄養が届かない」ということですから、大問題です。

 内臓に栄養が届かなければ代謝や回復力が低下しますし、筋肉に栄養が届かなければ筋肉量が減ってしまいます。

 もちろん、血はお肌にも栄養を運んでいます。

 たとえば足の冷えがある人が、足先やかかとの荒れに悩んでいることはすごく多いんですよ!

 

体質改善!血行をよくするには

 冷え←血が届くまでが襲い←血行不良←血流が滞っているところがある

 ここまではわかりました。これが慢性的になると、「冷え体質」と呼ばれるものになるのだと思われます。

 なら、「血流が滞っているところ」ってどこでしょう?

 それは、おもに筋肉です。

 筋肉はふつうやわらかいものなのですが、緊張状態になると、かたく収縮します。力こぶを作った状態ですね。

 では、力こぶを作って力を入れた状態と、力をぬいてふにゃふにゃした状態では、どちらがスムーズに血が通っていけるでしょう?

 力が抜けているときです。

 あるいは、その筋肉を動かしてポンプの役割ができたときにも、血は流れます。

 つまり、血が流れにくくなるのは、「動かしていないのに力が入っているとき」です!

 

何もしていないのに緊張で筋肉ガチガチ?

 力を抜いているはずなのに抜けていない気がする、動かしていないときも筋肉がなぜかずっと硬い……

 これは、筋肉を収縮させる神経が緊張しているためです。

 神経の緊張の原因には、主に

  ・神経が骨格や筋肉のゆがみに圧迫を受けている

  ・筋肉を緊張させる自律神経、交感神経が優位になっていて、リラックスの副交感神経が不調

  ・神経伝達に使うカルシウム、マグネシウムなどのミネラル不足

 があります。

 

秋のうちに体質改善スタート!

 カイロプラクティックではゆがみを矯正することによって神経の流れを整え、自律神経とホルモンのはたらきを正常に近づけながら、特に不足している栄養を適切におぎなうアドバイスを行います。

 総合的に体質の改善にとりくむことができれば、冷え以外の体の不調も調整されていきます。

 どうぞ体のお悩みを総合的にご相談下さい。体はバランスです(^▽^)

 冬になり体が縮こまってしまう前の今からはじめるのがチャンスです! 一生使う体、今から一緒に変えてしっかり管理していきましょう!

 ご予約・ご相談は右上電話番号から。

 まずはこれってよくなるの? をご相談下さい。おまちしています!

 

 むろはし(^v^)

アメリカからの最新の技術を学んできました♪

 むろはしです(^v^)

 4月の18・19日、年に二回の大きな会議に新潟地区のカイロプラクターの先生方が集まって勉強しました。

 150人ぐらいですかね~~。

 アメリカのカイロ大学の総本山・テキサスのドクターからの技術が日本人用にアレンジされた、最新テクニックが勉強できました。

 患者さま方の健康に少しでも還元していけるようがんばります!

 

むろはし(^v^)

2015425135417.jpg

ブログはじめました!

受付写真

カイロプラクティックセンター上越ふじまき店のホームページをご覧頂きましてありがとうございます。このたび、ホームページの開設とともにブログをはじめ ました。カイロのこと、美容のこと、セミナーのレポートなど、これからブログで紹介していきますので、皆様チェックをお願いいたします!

 

 

ページ上部へ